『ABADI』がオーガニックサロンとしてリ・スタートしました。 | パストーングループ

COPYRIGHT © PASTONE GROUP ALL RIGHT RESERVED.

RESERVE

ご予約はこちら

COLUMN

『ABADI』がオーガニックサロンとしてリ・スタートしました。

こんにちは。

 

岐阜県羽島市を中心に、

県内外8店舗を展開する美容室・ヘアメイクサロン

PASTONEグループの

ABADI(アバディ)』で店長を務めている

島田と申します。

今回から,

PASTONEグループのスタッフが

グループや各店の取り組みや

新しいサービスについて

このブログでお伝えしていきます。

 

 

早速ですが、

私が勤めている『ABADI』では、

9月より、

シャンプーをはじめ、カラー剤やパーマ液など

お店で使用している全ての商材を

オーガニックの物へと変更しました。

どうして、オーガニックの商材に変更したのか。

 

それは、

『ABADI』という店名にも関係しています。

 

『ABADI』は2013年4月に

弊社が経営するパストーンマンションの

1階にオープンしました。

 

“ABADI”はインドネシア語で“永遠”という意味。

 

「お客様を永遠にキレイにしたい」

 

という想いを込めて名付けられました。

 

 

そして、

店内のカウンターや椅子、照明などのインテリアから

ドアや外壁まで、お店にあるほぼ全ての物、素材は、

インドネシアのバリ島で選び抜かれたもの。

『ABADI』は、こだわりのあるお店なのです。

 

それなのに、

シャンプーなどの商材は

他の美容室でも使われている物を使ってきました。

 

本当にそれでいいのかな?

お店の装飾と同じように、

商材にもこだわってもいいのでは?

 

と思っていた今年の初め、

長く取引しているメーカーさんから

ヴィーガン認証を受けたオーガニックの商材を

おすすめいただいたのですが、

その商材が本当に素晴らしくて。

 

環境にやさしい素材を使用しているから、

カラダに良いだけでなく、水に流しても大丈夫。

 

よくあるオーガニックのものとは違い、

ヴィーガン認証は、全世界共通の信頼の証。

だから、海外から来た人も赤ちゃんにも使える。

肌にも優しいので、

これまで頭皮に染みるからと

カラーやパーマを諦めていた方も安心して使える。

 

素晴らしいですよね。

 

この商材は『ABADI』の想いやこだわりにも繋がるし、

ぜひ使いたい!

 

その想いが叶って、

『ABADI』は“体に良いものを使って施術ができる美容室”

として、もう一度スタートすることにしました。

 

もちろん、

これまでの商材を全て替えることになるため、

「今まで使っていた商材の方がいい」

という方の足が遠くなるリスクもありました。

 

でも、

それは杞憂に終わりました。

顧客様から大変よろこばれただけでなく、

お店のある羽島市に

オーガニック商材のみを使用している

ヘアサロンさんがないからか、

既に、噂を聞いた多くのお客様にご来店いただいております。

 

私たちの選択は間違っていなかったんだな。

今は想いが伝わってうれしいです。

 

 

次回は、

私たちがリスタートするきっかけになった

ヴィーガン認証を受けたオーガニック商材のことを

書きたいと思います。